本記事はTodoistとGoogleカレンダーを連携する方法について紹介するものです。

Googleカレンダーと連携するとカレンダー表示やタスク単位でメモを書くと行ったことができるようになるため、機能の幅が広がります。
タスクを同期することも可能となるため、タスクの二重管理を削減し、作業の効率化も可能です。

TodoistとGoogleカレンダーの連携準備

TodoistとGoogleカレンダーの連携するためにはそれぞれのツールに登録する必要があります。
登録方法は以下の記事で紹介しています。

Googleカレンダーの利用方法>>Googleカレンダーの使い方
Todoistの登録方法>>Todoistに登録する方法〜無料で使えるTODOリスト〜

TodoistとGoogleカレンダーの連携方法

TodoistとGoogleカレンダーの連携手順について説明します。

1.TodoistのTOP画面に移動します。

2.歯車マークをクリックして「設定」を選択します。
設定を開く

3.連携機能をクリックします。
連携機能をクリックする

4.Googleカレンダーの「連携する」をクリックします
Googleカレンダーの連携ボタンをクリックする

5.「連携する」をクリックします
連携ボタンをクリックする

6.「許可」をクリックします
許可をクリックする

以上で連携は完了です。
以降、Todoistからタスクを追加した場合に予定をGoogleカレンダーに反映できるようになります。

関連記事>>Googleカレンダーの予定をエクスポートする

TodoistとGoogleカレンダーを連携後の活用例

基本的に「タスク管理はTodoistで行いGoogleカレンダーでは予定の確認を行う」とした方がよいでしょう。
以下、ツールの役割分担の一例です。

  • タスクの洗い出しと追加(Todoist)
  • 作業時間を決める(Todoist)
  • 作業日時を決める(Todoist)
  • 予定を確認する(Googleカレンダー)
  • 日程を調整する(Googleカレンダー)
  • タスクに対してメモを書く(Googleカレンダー)
  • 作業の完了チェック(Todoist)

飽くまで一例なのでこのやり方にこだわる必要はありません。

TodoistとGoogleカレンダーを連携するメリット

連携するメリットは以下の2つです。
・互いの欠点を補える
・二重管理の削減

互いの欠点を補える

Todoistは無料プランでは「タスク単位にメモができない」、「カレンダーのような表示ができない」などのデメリットがあります。
Googleカレンダーはタスク単位でのメモも可能で当然カレンダー表示も可能なのでこのデメリットを補うことができます。

一方、Googleカレンダーはスケジュール管理のツールのため、タスク管理に使うにはやや不便です。
Todoistと組み合わせることでタスク管理を効率化することができます。

二重管理の削減

TodoistとGoogleカレンダーを別々に使っている場合、二重管理となります。

更新の手間がかかり転記漏れも発生しやすいです。

連携することでタスクを同期することが可能となり、作業の効率化に繋がります。

まとめ

昨今は一つのツールで一つのコンテンツとせずに、他のツールと組み合わせることで機能を拡張する方法が広く取られるようになりました。

TodoistとGoogleカレンダーの連携もその方法の一つです。

連携することで欠点を補い合うことや二重管理の削減ができます。

ツール単体での扱いに慣れてきたら他のツールと連携して機能を拡張し、作業の効率化を目指していきましょう。

関連記事>>Googleカレンダーでタスク管理する2つの方法

Google機能まとめTOP>>Googleの機能活用方法まとめ
Todosit活用方法まとめTOP>>Todoist活用方法まとめ