本記事は、SlackとTrelloを連携する方法を紹介するものです。

SlackとTrelloを連携することでSlackからTrelloのタスクの参照や編集をすることが可能となります。

Slack内でTrelloの簡単な操作ができるのでSlackでいろいろ管理したい方にはオススメです。
また、メンバーにタスクを見て欲しい場合にTrello内のざっくりとしたタスクの概要が表示されるので情報共有にも活用できます。

SlackとTrello連携準備

使用する為には以下の準備が必要です。
既にSlackとTrelloの運用を行っていれば準備は完了していると思います。

・Slackに登録
・Trelloに登録
・Trelloでチームを作成済み

関連記事>>Slackを始める方法と機能について
関連記事Trelloの登録方法と基本的な使い方

SlackとTrello連携手順

SlackとTrelloを連携するための手順を説明します。

Slack側とTrello側の両方で設定が必要です。

Slackの認証設定

1.Slackワークスペースのappsページに移動します。
https://xxxxxxxx.slack.com/apps

2.検索バーに「Trello」と入力してTrelloをクリックします。
「Trello」と「Trello」アラートが候補として出てきますが、「Trello」の方をクリックします。

Trelloをクリックする

3.「サイトにアクセスしてインストール」をクリックします。
「サイトにアクセスしてインストール」をクリック

4.「Add to Slack」をクリックします。
「Add to Slack」をクリック

5.Slackと連携するチームを選択します。
連携するTrelloチームを選択

スクロールして、許可するをクリックします。
以上でSlack側の認証設定は完了です。

以後、TrelloのアプリをSlackのチャンネルに招待できるようになります。

Trelloの認証設定

1.「/invite @Trello」でTrelloをチャンネルに招待します。
プロジェクトのメインチャンネルやプロジェクトの連絡などTrelloを活用したいチャンネル全てに招待しておきましょう。

2.Trelloを招待したチャンネルで「/trello setup」を入力します。

認証について聞かれるのでLink Trello Accountのページを開いて「許可」をクリックします。
Trello Accountのページを開いて「許可」をクリック

これでTrello側の設定は完了です。

SlackとTrello連携後の運用方法

連携することでSlackでTrelloのタスク操作ができるようになります。

ボードを設定する

「/trello link [ボード名]」と入力します。

「Link to Channel」というボタンが表示されるのでクリックします。

タスクを参照する

SlackにTrelloカードのURLを貼り付けることでタスクの概要を表示することが可能です。
また、「/trello search [タスク名]」でもカードを表示することができます。

Slackにタスクを表示

カードをクリックすることでタスクカードのページに飛ぶことができます。
Quick actionからタスクの操作も可能です。

タスクを追加する

「/trello add [タスク名]」を実行することでTrelloにタスクカードを追加できます。
タスクを追加する為にはボードの設定が必要です。

以上、SlackとTrelloの連携でした。

まとめ

これまでは単体のツールで運用することが多かったですが、近年はツール同士を連携して機能を拡張する動きが増えています。
機能を連携することでお互いの弱点を補ったり相乗効果を狙ったりといったことが可能です。

作業効率化を進めるためにも有効活用しましょう。

以下の連携もオススメです。
SlackとGoogleカレンダーを連携しよう
SlackとTodoistを連携する

Slack活用方法TOP>>Slackの活用方法まとめ
Trello活用方法TOP>>Trelloのオススメの活用方法

関連記事>>Slackで予定をリマインダー通知する方法