本記事は、Google ChromeでTodoistの拡張活用する方法について説明する記事です。

・TodoistをGoogle Chrome拡張機能の使い方
・Google Chrome拡張機能としてTodoistを使うメリット

の2つについて説明します。

Chromeの拡張機能に追加することでこんな形で拡張機能メニューに表示できます。

TodoistをChromeで使う

1クリックでTodoの開閉ができるようになるので作業効率の向上が可能です。

TodoistをGoogle Chrome拡張機能の使い方

以下の2点について説明します。

・Todoistの拡張機能を追加する手順
・TodoistのGoogle Chrome拡張機能の使い方

Todoistの拡張機能を追加する手順

Todoistの拡張機能を追加する手順は以下の通り。
他の拡張機能と同様「Chrome ウェブストア」から追加することができます。

1.メニューの「ウィンドウ」から「拡張機能」をクリックします
メニューの「ウィンドウ」から「拡張機能」をクリック

2.「Chrome ウェブストアを開く」をクリックします
Chromeウェブストアを開く

3.「todoist」で検索します
4.「Chromeに追加」をクリックします
「Chromeに追加」をクリックします

5.「拡張機能を追加」をクリックします

以上で拡張機能への追加は完了です。

TodoistのGoogle Chrome拡張機能の使い方

Chromeに追加した後は拡張機能ツールバーにTodoistアイコンが常駐するようになります。

TodoistをChromeで使う

クリックすることでTodoを開閉できます。
使用できる機能や使い方はWeb版とほぼ同じです。

タスクのチェックや確認はもちろん。
タスクやプロジェクトの追加もChrome拡張機能から行うことができます。

TodoistのGoogle Chrome拡張機能を使うメリット

Chrome版の基本的な機能はWeb版と同じですが、導入にあたって以下のメリットがあります。

・1クリックでタスクをチェックできる
・Todoistを見ながらWeb画面を操作できる

1クリックでタスクをチェックできる

Web版の場合はたくさんあるタブの中からTodoistのタブを探す必要があります。
予定を確認したい時や作業が終わったらすぐに完了チェックをつけたい場合などに不便です。

Chrome版では拡張機能のバーに常駐するので1クリックでタスクリストの開閉できます。
探す手間もありませんし、確認や完了チェックの効率化に繋がります。

Todoistを見ながらWeb画面を操作できる

カレンダーとTodoist

幅を取らないのでWeb画面で作業をしながらTodoタスクを確認やチェックをすることができます。
作業した内容をすぐにタスクとして追加したい場合やカレンダーなど他の予定とタスクを比較したい場合などに便利です。

まとめ

Google Chrome版は拡張機能バーに常駐するので1クリックで開閉することができます。

Todoistのタブを探す時間は1回1回は大した時間ではありませんが、何度も探すと結構な時間になります。
Google Chromeをメインの使っている方は拡張機能に追加して作業の効率化を目指しましょう。

Todoist活用方法まとめTOP>>Todoist活用方法まとめ

◆こちらの記事もオススメ