今回はプログラミングスキルをステップアップする方法について紹介します。

「これからプログラミングを始めたいけれど何から始めたらいいの?」
という疑問を持っている方は本記事をご活用ください。

具体的には以下の4つの方法について紹介します。
・学習サイトで勉強する方法
・プログラミングスクールで勉強する
・書籍で勉強する
・職場で学ぶ

学習サイトで勉強する

ビジネスPC
最近は優秀な学習サイトが増えてきました。
ひと昔前までは書籍で勉強するのが一般的でしたが、現在は学習サイトから始めることをオススメします。

学べることは基礎の基礎という感じなので学習サイトだけでは十分な勉強はできません。
1、2周やってみてなんとなく感覚が掴めたら書籍での勉強やプログラミングスクールでの勉強に進みましょう。

特にオススメなのは「Progate」です。

スライドで知識を身につけるパートと実際にプログラムを書くパートがあります。
多少は手を動かすのでただ本を読むよりは知識が身につきやすいです。

無料でも初歩の初歩は学べるので、完全初心者はProgateから始めるのをオススメします。

>>Progate公式サイト

プログラミングスクールで勉強する

講座
「独学だとなかなかモチベーションが保てない」
「勉強を始めたはいいけどなかなか続かなかった」

という方はプログラミングスクールで勉強する方法があります。
プログラミングにおいて一番大事なことは勉強を続けることです。が、一人で勉強しているとなかなかモチベーションがもたないという方も多いと思います。

プログラミングスクールを使えば講師がいるのでモチベーションを保てますし、エラーで詰まった場合でも質問ができます。

ちょっと値が張るのが難点ですが、まずは無料体験から試してみてはいかがでしょうか?
TechAcademy(テックアカデミー‎)公式:オンラインブートキャンプ無料説明会

書籍や公式リファレンスを読んで勉強する

書籍
昔ながらの書籍やドキュメントから始める方法です。
自分のペースで勉強しやすく本さえあればどこでも勉強できます。(PCがないとプログラミングはできませんが)

学習サイトやプログラミングスクールと比較すると自分で環境をセットアップしなければならない点が難点です。
まずは学習サイトで勉強してから購入するのがいいと思います。

Pythonの勉強をするならこちらの本がオススメです。

Pythonプログラミングの基礎の基礎を学べます。
流石に1日で学ぶのは無理ですが、本に書かれているプログラムを実際書きながら実践することで着実にレベルアップできます。

職場で学ぶ

オフィス
実際に職場で飛び込んで実践しながら勉強する方法です。
絶対にプログラミングしなければならない環境に身をおくことで仕事をしながらプログラミングができます。

一見無謀に見えますが、プログラミング未経験でも入社できる会社は多くあります。
ただし、システムエンジニアとして雇われても必ずプログラミングできるとは限りません。

募集要項である程度はわかりますが、入ってみないとわからないケースが多いです。

まとめ

今回は4つの勉強方法を紹介しました。

学習サイトは優秀なものが増えてきました。完全な初心者は学習サイトから始めるのがオススメです。
学習サイトでざっと感覚を掴んだら書籍やプログラミングスクールで勉強に進みましょう。

◆オススメ書籍

◆プログラミングスクール
TechAcademy(テックアカデミー‎)公式:オンラインブートキャンプ無料説明会

◆学習サイト
Progate