本記事では、PyhtonのオススメエディタであるPyCharm無料版のダウンロード方法と基本的な使い方について説明します。

PyCharmのCommunity版は無料で使えるテキスト補完、シンタックスハイライト、エラー自動検知を始めとした様々な機能を備えたエディタだからです。

初心者は入力ミスやエラーの検知に膨大な時間を費やしやすいので、テキスト補完やエラー自動検知は学習時間の短縮におおいに役立ちます。
WindowsでもMacOSでも利用可能なので是非、インストールしてみてください。

今回は、

・PyCharm無料版のダウンロードとインストールの方法
・PyCharmの新規プロジェクト作成方法
・PyCharmで「pip install」を実行する方法
・PyCharmでよく使うショートカットキー
・PyCharmを使う3つのメリット
・PyCharmの有料版と無料版の違い

について説明します。

オススメ記事>>Python初心者にオススメの参考書3選

PyCharm無料版のダウンロードとインストールの方法

PyChram導入

MacOS、Windowsともに公式サイトからインストーラーをダウンロードして実行するだけで導入可能です。

1.公式サイトからダウンロードします。

pycharmインストーラーのダウンロード

2.インストーラーを起動してインストールを実行します。
3.完了画面が出ればインストールOKです。

PyCharmの新規プロジェクト作成方法

プロジェクトの作成方法について説明します。

1.アプリケーションからPyCharmを開いたら「Create New Project」を開きます
PyCharmを「Create New Project」

2.プロジェクト名を入力して「Create」をクリックします
プロジェクトの作成

以上で新規プロジェクトの作成は完了です。

PyCharmで「pip install」でライブラリを拡張する方法

PyCharmで「pip install」はTerminalから可能です。

PyCharmの一番下のメニューから「Terminal」をクリックします。
PyCharmターミナル

ターミナルが開いたら以下のコマンドを実行します。
pip install 「ライブラリ名」

ライブラリはプロジェクト単位で管理されているため、インストールされるのは現在のプロジェクトのみです。

関連記事>>PyCharmでのpip各種操作まとめ

PyCharmでよく使うショートカットキー

PyCharmでショートカットキーを使う場合、Windowsは「CTR+○」、Macは「command(⌘)+○」のように指定します。

※以下、Macの場合は「CTR」を「command(⌘)」に読み替えてください。

PyCharmの検索関連ショートカットキー

ファイルの検索や置き換え・移動に活用できるショートカットキーです。

ファイル内検索:「CTR+F」
プロジェクト内検索:「CTR+shift+F」

ファイル内検索&置き換え:「CTR+R」
プロジェクト内検索&置き換え:「CTR+shift+R」

クラスや変数の定義元にジャンプする:「CTR+B」
ジャンプ元に戻る:「CTR+shift+[」
再度ジャンプ先に進む:「CTR+shift+]」

PyCharmのバージョン管理関連ショートカットキー

GitやSubversionなどバージョン管理に役立つショートカットキーです。

コミット&プッシュ:「CTR+K」
プッシュのみ:「CTR+shift+K」
プル:「CTR+T」

PyCharmのコーディング関連ショートカットキー

コーディング時に役立つショートカットです。

リフォーマット:「CTR+shift+L」

※リフォーマットを実行すると、設定内容に合わせてファイル内のコードを整形できます。

OSのショートカットも活用しよう

コーディングを素早く行うためにはOSに元からあるショートカットキーも活用しましょう。

コピー:「CTR+C」
ペースト:「CTR+V」
カット:「CTR+X」
元に戻す:「CTR+Z」
やり直し:「CTR+shift+Z」(PyCharm上では「CTR+Y」ではないので注意)

PyCharmの有料版と無料版の違い

有料版(Professional)と無料版(Community)の違いは以下の通りです。

◆PyCharmの有料版と無料版の違い

PyCharm Professional Edition PyCharm Community Edition
Intelligent Python editor
Graphical debugger and test runner
Navigation and Refactorings
Code inspections
VCS support
Scientific tools
Web development
Python web frameworks
Python Profiler
Remote development capabilities
Database & SQL support

引用元:PyCharm公式サイト

上記の通り基本的な機能は無料版でも利用可能です。
勉強するだけであれば無料版でも十分だと思います。

フレームワークなどの高度な機能が使いたくなった場合は有料版の導入も考えましょう。

まとめ:初心者はPyCharmを使おう

プログラミングの初心者はスペルミスやエラーの原因追求に膨大な時間を費やします。私も初心者の頃はエラーの原因追求に多くの時間を使っていました。

スペルミスの修正や原因追求に時間を費やすことはプログラミングスキルの成長を妨げます。
高機能のエディタを使うことでミスの防止やエラー調査時間を短縮することは非常に重要なことです。

PyCharmは無料で使え、非常に高機能で初心者でも使いやすいエディタです。

是非この機会に試してみてください。

>>PyCharmダウンロードはこちら

関連記事>>プログラミングに専用エディタを使った方がいい5つの理由

PyCharmまとめ>>PyCharmの使い方まとめ
オススメ記事>>Python初心者にオススメの参考書3選