本記事ではPythonのプログラミングをスマートフォン(Android)で始める方法について説明します。

Pythonは、インタプリタ型と呼ばれるプログラミング言語の一つです。
初心者でも理解しやすい言語であり、AIや画像・Webアプリなど幅広い用途に活用できるため、これからプログラミングを始めようと思っている方には特にオススメの言語です。

今回は、「AndroidにPythonアプリをダウンロードする方法」と「Python開発ができるアプリPydroid・QPythonの使い方」について説明します。

◆PCでプログラミングを始める場合はこちら
Python入門〜Windowsでプログラミングを始める方法〜
Python入門〜MacOSでプログラミングを始める方法〜

AndroidにPythonアプリをダウンロードする方法

Andoroid向けのPythonのアプリケーションに「Pydroid」や「QPython」があります。
このアプリケーションをインストールすることでPythonの編集と実行が可能です。

通勤・通学中などスマホさえあればどこでもプログラミングが可能になることが最大のメリットです。
PCのエディタと比較するとできることや機能はかなり少ないですが、スマホがあれば手軽にプログラミングができます。

Pydroidのダウンロード方法

Googleストアからインストールできます。

>>Pydroidをダウンロードする

Qpythonのダウンロード方法

QPythonの導入方法について説明します。

1.QPython3のリリースサイトから「qpython3-app-release.apk」をダウンロードします

2.「提供元不明のアプリ」のインストールを許可します
Googleストアからのインストールではないので設定から「提供元不明のアプリ」の許可が必要です。

「設定」→「セキュリティ」を開いて「提供元不明のアプリ」にチェックを入れます。

3.「qpython3-app-release.apk」を実行してインストールします

4.「提供元不明のアプリ」を元に戻します
インストールが終わったら「提供元不明のアプリ」の設定を元に戻しておきましょう。
「設定」→「セキュリティ」を開いて「提供元不明のアプリ」にチェックを外します。

>>QPythonをダウンロードする

Pythonの実行ができるアプリ「Pydroid」・「QPython」の使い方

Python開発ができるアプリ「Pydroid」・「QPython」の2つの使い方について説明します。

Pydroidの使い方

まずは「Pydroid」の使い方を説明します。

アプリケーションを開くとエディタが出てきます。
Pydroid画面

Hello Worldを実行してみましょう。

Hello Worldコード

◆実行例
エディタのプレイボタン(三角マーク)を押すことでPythonのコードを実行できます。

Hello World実行例

スマホ内臓ディスクやSDカードにファイルを保存することもできます。
スマホ内臓ディスクやSDカードにファイルを保存

pipも実装されているのでライブラリの追加も可能です。

pipも実装されているのでライブラリの追加

エディタはシンプルですが、ライブラリの拡張ができるので本格的なPythonプログラミングも可能です。

記号を入力できるボタンがあるのでキーボードから記号を探す必要はありません。
通勤・通学の電車の中で勉強したい場合にはぴったりのアプリだと思います。

関連記事>>AndroidアプリPydroidの使い方〜スマホでプログラミングしよう〜

>>Pydroidをダウンロードする

QPythonの使い方

アプリを実行する手順は以下の通りです。

1.アプリケーションを開くと以下の画面が出てくるので、「Editor」をタップします
QPython1

2.+ボタンを押して「Blank file」をタップします
QPython2

3.コードを記述して保存をクリックします
QPython3

4.ファイル名を入力して保存します
QPython4

5.三角マークをクリックすると実行できます
QPython5

◆実行例

関連記事>>QPythonの使い方〜Androidでプログラミングしよう〜

ドキュメントもご参照ください。

QPythonをダウンロードする

Pydroidと比較した場合、エディタの機能は充実していますが、記号の入力ボタンがないので外付けのキーボードがないと辛いかもしれません。
キーボードをつけると流石に電車の中では難しくなるので手軽さは減ります。

勉強するなら「Pydroid」、スマートフォンで開発するなら「QPython」

Pydroidは機能は少ないですが、記号入力ボタンがあるので通勤・通学中に勉強をしたいときに便利。
QPythonは記号入力のボタンはありませんが、機能が多いのでスマホで本格的な開発をしたい場合にはオススメです。

関連記事>>【ELECOM Bluetooth薄型ミニキーボード】スマホ用キーボードでプログラミングしよう

スマートフォンでプログラミングの開発ができるようになり、ますますプログラミングのハードルは下がっています。
Pythonは簡単なプログラミング言語なのでこれから勉強を始める方は是非、挑戦してみてください。

以上、AndroidでPythonプログラミングをする方法でした。

オススメ記事>>無料でできるプログラミングの勉強方法4選
オススメ記事>>Python初心者にオススメの参考書3選

◆PCでプログラミングを始める場合はこちら
Python入門〜Windowsでプログラミングを始める方法〜
Python入門〜MacOSでプログラミングを始める方法〜

関連記事>>Python初心者が最初にやるべき3つのこと
PtyhonまとめTOP>>Pythonプログラミングの始め方まとめ