本記事はSlackbotでファイルをSlackにアップロードする方法について紹介するものです。

コメントによる応答だけだと、伝えづらく理解しにくい内容もあると思います。
また、Botのコメントだけで伝えようとすると長い文章が必要となる場合も多いです。

コメントだけでは伝えづらい内容についてもCSVファイルや画像としてアップロードすることで、柔軟な方で伝えることが可能です。
Slack上に長い説明を表示することも無くなります。

Pythonで作るSlackbotの基本については「SlackbotをPythonで作成しよう」をお読みください。

PythonでSlackにファイルをアップロードする方法

アップロードする方法はいくつかありますが、今回は「slackerライブラリ」を使用する方法と「requestライブラリ」を使用する方法を紹介します。
slackerライブラリを方が簡単なので実装はslackerライブラリで実装するのがオススメです。

slackerライブラリでアップロードする

PythonでSlackにファイルをアップロードするには「slacker」というライブラリを使用します。
※「Slackbot」ライブラリをインストールしている場合は同時にインストールされています。

最低限のオプションとしてチャンネルとファイルを指定すればアップロード可能です。

requestライブラリでアップロードする

Pythonでファイルをアップロードする基本的な方法です。
「token」、「channel」、「ファイル名」、「アップロード時のコメント」、「タイトル」の5つをオプションとして指定します。

Slackbotでファイルをアップロードする処理の実装方法

slackerを使用した場合の実装例です。

◆実行結果
ファイルをアップロードする

以上、SlackbotでSlackにファイルをアップロードする方法でした。

Slackbot+PythonまとめTOP>>Slackbotの作り方マニュアル〜Python編〜

◆オススメ記事
SlackbotをPythonで作成しよう
Slackbotで今日の天気を確認する