本記事では、SlackbotのSlack上での表示名(Hubotの名前)をPythonで取得する手順を紹介します。

Hubotの名前はSlack上での名前でしかないため、ソースコード上で使いたい場合はAPIを使用して取得する必要があります。

Hubotの名前を取得できればBotによって処理を変えることができるようになるため、サーバーの環境の違いによる処理の差を実装したい場合などに便利です。

SlackのHubot名を取得する方法

SlackのAPIを操作できるライブラリslackerを使用することで取得できます。

Hubotの各種情報は「slacker.rtm.start()」メソッドにより取得可能です。
Hubot名は「body[‘self’][‘name’]」に格納されています。

SlackbotにHubot名を応答させる処理を実装する

Slackbotに自分の名前を応答させる処理のコードと実行例です。

※Pythonで作るSlackbotの基本的な実装については「SlackbotをPythonで作成しよう」をお読みください。

名前を聞かれた場合に応答する

単純に自分の名前を応答する処理の実装例です。

◆実行例
PythonでHubot名を取得

◆名前が合っているか否かについて「はい」か「いいえ」で応答する
「あなたの名前は〇〇か?」と聞かれた時に「はい」か「いいえ」で応答する処理の実装例です。

◆実行例
「はい」か「いいえ」で応答する

以上、SlackbotのHubot名をPythonで取得する方法でした。

Slackbot+PythonまとめTOP>>Slackbotの作り方マニュアル〜Python編〜

◆関連記事
SlackbotをPythonで作成しよう
Slackbotにリアクションをさせる
Slackbotで今日の天気を確認する