本記事では、SlackとTodoistを連携する方法について紹介します。

SlackとTodoistを連携することでSlackからタスクの追加が可能となります。
タスクは思いついた時に追加したいところですが、都度Todoistに書き込んでいくと作業が止まります。後からSlackから抜粋して追加していくのもなかなか手間です。

SlackとTodoistを連携すれば、タスクを思いついた時にSlackを閉じずにタスクを追加できるので、タスク追加の手間を軽減できます。

SlackとTodoistを連携する手順

Todoistに予めログインしているとスムーズに連携ができます。

1.Slackのワークスペースのappsページに移動します。
https://xxxxxxx.slack.com/apps

チャンネルメニューのAppの+ボタンから検索することも可能です。

2.「Todoist」で検索します。
Todoistで検索

3.「サイトにアクセスしてインストール」をクリックします。
a

4.「Add to Slack」をクリックします。
Todoistに未ログインの場合はログインしてください。

Add to slackをクリック

5.「許可する」をクリックします。
許可をするをクリック

以上で連携は完了です。

◆オススメ記事
SlackとGoogleカレンダーを連携しよう
TodoistとGoogleカレンダーを連携する
Todoistで繰り返しのタスクを設定する方法

SlackからTodoistにタスクを追加する方法

Slackのチャンネルより以下のコマンドを実行します。

/todoist [タスク名]  

◆実行結果
Todoistにタスクを追加する1

リンクをクリックするとタスクが追加されています。

Todoistにタスクを追加する2

SlackとTodoist連携の活用例

SlackとTodoistをより効果的に活用する方法として「Slackでメモやタスクを管理する方法」と「Googleカレンダーと組み合わせる方法」について紹介します。

Slackでメモやタスクを管理する方法

Slackは手軽に投稿できるのでちょっとしたメモを書き込むのに便利です。
気づいたことをどんどん書き込んで行きタスクとして起こした方がいいものはTodoistに起こして行きましょう。

具体的な手順は以下の通り。
・アウトプット用のチャンネルをSlackに作成する
・気づいたことがあればどんどん書き出していく
・タスクにした方がいいことはTodoistでタスクを起こす
・タスク以外のメモについてはEvernoteなどノートアプリにアップする

関連記事>>SlackとEvernoteを連携しよう〜重要なコメントをストックする〜

Googleカレンダーと組み合わせる方法

SlackとTodoistの連携に加えてGoogleカレンダーと組み合わせることでタスク管理のサイクルを作ることができるようになります。

◆Slack+Todoist+Googleカレンダーの運用例
(1)作業中に新たな作業や問題が発生したらタスクを立てる
(2)Todoistでタスクを整理して、日程を決め、Googleカレンダーと共有
(3)予定がGoogleカレンダーからSlackにリマインダーを配信

以降、(1)〜(3)の繰り返し

詳しい運用方法は「Slack×Todoist×Googleカレンダーサイクルタスク管理〜タスクツールの運用例〜」をお読みだくさい。

まとめ

TodoistもSlackも単体では物足りない部分はありますが、組み合わせることでお互いの弱点を補い、相乗効果も狙うことができます。

さらにGoogleカレンダーと連携することでタスク管理のサイクルを作ることができます。

最近は他のアプリと連携することにより機能拡張ができるツールが増えています。単独で使うだけでなくいろいろなツールとの連携を試して、自分の最適な形を探すようにしましょう。

SlackまとめTOP>>Slackの活用方法まとめ
TodoistまとめTOP>>Todoist活用方法まとめ

◆オススメ記事
SlackとGoogleカレンダーを連携しよう
TodoistとGoogleカレンダーを連携する
Todoistで繰り返しのタスクを設定する方法
SlackとEvernoteを連携しよう〜重要なコメントをストックする〜