今回はSlackとTodoistとGoogleカレンダーを組み合わせることでタスクをサイクル管理する方法を紹介します。

この3つのツールは単独でも使いやすいツールではありますが、組み合わせることで弱点を補い合ったり相乗効果を狙ったりということが可能です。
今回紹介する使い方以外にもいろいろな使い方が考えられます。

それぞれのツールの特徴

それぞれのツールの特徴は以下の通りです。

ツール名 使いやすい点 使いにくい点
Googleカレンダー ・予定の確認がしやすい
・予定単位でメモができる
・Todoのような作業の洗い出しには向かない
Slack ・チャットツールなのでコメントを書き出すには便利
・スレッドで横展開も多少は可能
・タイムラインで書き込む為、関係ない話題が挟まることも多い
後から必要な情報を引っ張るにはやや不便
Todoist ・作業の洗い出しに便利
・カテゴリ単位に作業をまとめたい場合にも便利
・タスク単位でメモを書くには有料プランでの登録が必要

Slack×Todoist×Googleカレンダーをサイクル連携する

この3つは連携することができます。

GoogleカレンダーとTodoistを連携するとTodoistのタスクをGoogleカレンダー上に表示できるようになります。(日程の決まっているタスクのみ)
GoogleカレンダーとSlackを連携するとGoogleカレンダーの予定をSlackに配信できるようになります。

よって以下の手順で回すことでタスクのサイクル管理を行うことができるようになります。

(1)作業中に新たな作業や問題が発生したらタスクを立てる
(2)Todoistでタスクを整理して、日程を決め、Googleカレンダーと共有
(3)予定がGoogleカレンダーからSlackにリマインダーを配信
(4)配信されたタスクを元にSlackで作業を進めていく

以降、(1)〜(4)の繰り返し

図にするとこんなイメージです。

サイクル連携の図

作業をタスクで回しながら非効率な要素を排除していきましょう。

それぞれの連携方法についてはこちらの記事をお読みだくさい。
SlackとGoogleカレンダーを連携しよう
TodoistとGoogleカレンダーを連携する〜タスク管理を効率化しよう〜
SlackとTodoistを連携する

以上、3つのツールの運用例でした。

まとめ

SlackとTodoistとGoogleカレンダーは単独でも優秀なツールですが、連携することで弱点を補ったり相乗効果を狙うこともできます。
今回紹介したのは一例であり、他のツールや機能を利用した連携方法もいろいろ考えられます。

他のパターンを見つけたり他のツールと連携をしたりして自分の使いやすいタスク管理方法を模索していきましょう。

Slack活用方法TOP>>Slackの活用方法まとめ
Google機能TOP>>Googleの機能活用方法まとめ
Todoist機能TOP>>Todoist活用方法まとめ