本記事では正規表現でスペースが入った文字列をチェックする方法について説明します。

スペースはそのままでも正規表現で記述可能です。
しかし、全角と半角を別の文字として扱われるので区別の必要がない場合は特殊文字「/s」と記述します。

本記事ではエスケープ処理の記述例について紹介します。
具体的には以下の2点です。

・正規表現でスペースを使う方法
・Pythonでの正規表現スペースのマッチ例

正規表現のエスケープまとめ>>Python正規表現の記号エスケープ処理
Pythonの正規表現チェッカー
Pythonの正規表現チェッカーを作成してみました。
興味がある方は覗いてみてください。
>>正規表現チェッカー for Python

正規表現でスペースを使う方法

前述の通り、スペースが入っていた場合でも文字列として処理可能ですが、全角と半角が別の文字として扱われます。
全角と半角を区別したい場合は特殊文字を使いましょう。

全角・半角の両方のスペースにマッチさせたい場合は「\s」を指定します。

「あいう えお」(半角スペース)
「あいう えお」(全角スペース)

という文字列をどちらもマッチさせたい場合、そのままではマッチしません。
以下のように指定することでマッチできます。

「あいう/sえお」

この場合、「あいう えお」(半角スペース)と「あいう えお」(全角スペース)の両方にマッチできます。

Pythonでの正規表現スペースのマッチ例

Pythonでの記述例は以下の通りです。
Pythonで正規表現をチェックする場合は「re」ライブラリを使用します。

◆実行結果

以上、スペースを正規表現でチェックする方法でした。

Pythonの正規表現チェッカー
Pythonの正規表現チェッカーを作成してみました。
>>正規表現チェッカー for Python

まとめ

スペースはそのままでも正規表現で使えますが、全角と半角を別の文字として扱われるので区別の必要がない場合は特殊文字「/s」での記述が必要です。
そのまま書いてしまうと意図しないチェックとなるので注意しましょう。

正規表現は複雑に見えますが、一つ一つの記号の使い方は単純です。
一つ一つの記号を元に紐解いて行けば複雑な表現でも意味がわかるようになります。

いろいろ試してみてください。

正規表現のエスケープまとめ>>Python正規表現の記号エスケープ処理