本記事はPythonのslackerライブラリでファイルをSlackにアップロードする方法について紹介するものです。

具体的には、
・Python+slackerでファイルをアップロードする方法
・Python+slackerでのファイルアップロード実装例と実行例
の2点について紹介します。

Python+slackerでファイルをアップロードする方法

SlackにファイルをアップロードするためにはAPIトークンの取得が必要ですのでまずはAPIトークンを取得します。
手順は以下の通りです。

1.Slackのappページに移動
2.Hubotで検索
3.Hubotをインストールする
4.Hubotの詳細を開いてAPIトークンの欄を確認する

手順の4で確認したAPIトークンを実装の時に使用します。

詳細の方法については「SlackbotのAPIトークンを取得する(動画あり)〜Hubotのインストール〜」をお読みください。

slackerライブラリでファイルをアップロードする場合、「slacker.files.upload()」メソッドを使用します。

slacker.files.upload()メソッドの引数は以下の通りです。

content:ファイルの内容(引数「file_」を指定する場合は不要)
file_:投稿するファイル(引数「contentを指定する場合は不要)
channels:投稿するチャンネル名
title:投稿した時のタイトル(省略可)
initial_comment:投稿した時のメッセージ(省略可)
filename:ファイル名(引数「file_」を指定する場合は省略可)
thread_ts:既に存在するメッセージのタイムスタンプを指定する。そのメッセージに応答する形で投稿する

SlackのAPIのfiles.uploadについてはSlackAPI公式ドキュメントもお読みだくさい。

Python+slackerでのファイルアップロード実装例と実行例

Python+slackerでファイルをアップロードする場合の実装例と実行例について紹介します。最低限のオプションとしてチャンネルとファイルを指定すればアップロード可能です。

◆実行例
画像のアップロード

以上、slackerでファイルをアップロードする方法でした。

関連記事>>PythonでSlackからファイルをダウンロードする

Pythonでできること・勉強方法まとめ