Pythonでcronのようにタスクスケジュールする方法について説明します。

Pythonでタスクスケジュールを管理する方法はいくつかありますが、今回紹介する方法は「schedule」ライブラリを使用する方法です。

「scheduleライブラリのインストール方法」と「scheduleライブラリの使い方」について説明します。

合わせて読みたい
似たようなことができるライブラリです。
python-crontabライブラリの使い方〜Pythonでタスクスケジュール制御〜

scheduleライブラリのインストール方法

他のライブラリと同様でpipコマンドを実行することでインストールできます。

scheduleのライブラリページ

ライブラリの詳細については「scheduleのライブラリページ」もお読みください。

scheduleライブラリの使い方と実装例

ライブラリの使い方と実装例について紹介します。

ライブラリの使い方

do()メソッドには実行したい関数を指定します。
every()メソッドの後は以下のものが指定できます。

日単位:schedule.every().days
時間単位:schedule.every().hours
分単位:schedule.every().minutes
秒単位:schedule.every().seconds
曜日単位:schedule.every().weeks

他にもいくつかメソッドがありますが、とりあえずこれだけ覚えておけば大丈夫です。

実装例

5分毎にタスク実行する例です。

上記コードを実行すると5分ごとに「’タスク実行’」が画面に表示されます。

以上、scheduleライブラリの使用方法とコードの作成例でした。

◆関連記事
python-crontabライブラリの使い方〜Pythonでタスクスケジュール制御〜
PythonでSlackに天気を定期配信する〜crontabを使用したタスクスケジュール処理〜

Pythonでスケジュール管理する方法については以下の記事にまとめています。
Pythonでスケジュール管理する方法まとめ