本記事はPython正規表現のライブラリであるreについて説明するものです。

具体的には、

・Python正規表現(reライブラリ)で使える主なメソッド
・Python正規表現(reライブラリ)の実装例と実行例

について説明します。

Python正規表現の基本については「Pythonと正規表現の基本」にてまとめています。

Python正規表現(reライブラリ)で使える主なメソッド

メソッド
Python正規表現(reライブラリ)で使える主なメソッドについて説明します。
よく使うメソッドである「re.compile()」、「re.search()」、「re.match()」の3つについて紹介します。

re.compile()

正規表現を比較できる形に変換するメソッドです。
リターン値には正規表現を比較できる形に変換したメソッドを返します。

Pythonで正規表現を実行したい場合にはre.compile()メソッドの呼び出しが必要です。

◆使用例

正規表現オブジェクト(.search())

正規表現のマッチング処理を行うメソッドです。
文字列の全文を検索してマッチする文字列があるかチェックします。

以下のようにどこかに指定した文字列があればマッチします。

◆文字列がどこにあってもマッチする
xxxxxxこんにちはxxxxxxx
こんにちはxxxxxxx
xxxxxxこんにちは

◆使用例

正規表現オブジェクト(.match())

正規表現のマッチング処理を行うメソッドです。
「.search()」とは違い、文字列の先頭がパターンとマッチするかチェックします。

◆マッチする
こんにちはxxxxxxx

◆マッチしない
xxxxxxこんにちはxxxxxxx
xxxxxxこんにちは

◆使用例

他の正規表現やreライブラリのメソッドについては公式ドキュメントをお読みください。

Python正規表現(reライブラリ)の実装例と実行例

matchとsearchによる正規表現の実装例と実行例について紹介します。

実装例は以下の通りです。

◆実行例1

◆matchの実行結果

◆searchの実行結果

上記の通り、matchでは、先頭が不一致だとマッチしませんが、searchの場合はマッチします。

◆実行例2
python3 regularexpression.py ‘あいうえお’ ‘あいうえおか’

◆searchの実行結果

関連記事>>Pythonと正規表現の活用例〜Emailアドレスや郵便番号の記述方法を紹介〜

こちらで簡単な正規表現のチェックができるので興味があったら覗いてみてください。
>>正規表現チェッカー for Python

終わりに

Pythonで正規表現のチェックをする場合は「re.compile()」で正規表現オブジェクトを生成して「.search()」や「.match()」などのメソッドでチェックするのが基本的な使い方となります。

reライブラリには今回紹介した以外にもメソッドが存在しますが、まずは「re.compile()」、「.search()」、「.match()」の3つの使い方について理解しておきましょう。

正規表現は複雑に見えますが、一つ一つの記号を紐解いていけば理解できると思います。

Pythonの正規表現については「公式ドキュメント」もあわせてお読みください。

Pythonまとめ>>Pythonでできること・勉強方法まとめ