Pythonに限らずですが、プログラミングは最初の参考書選びが結構大事です。
難しい本を選んでしまうと全然勉強が捗らないんですよね。

私も最初に難しい参考書ばかり買ってしまい何度も挫折しました。

本記事ではこれからPythonを勉強する入門者・初心者のためにオススメの参考書を紹介します。

Python初心者のオススメ参考書

Python初心者にオススメ参考書3選

今回紹介するのは以下の3冊です。
いずれも初心者向けの入門者なので自分の目的やレベルに合ったものを選びましょう。

・1日で基本が身につく!Python超入門
・Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
・Python Django超入門

【超初心者向け】1日で基本が身につく!Python超入門

「1日で基本が身につく!Python超入門」はPythonだけでなくプログラミングの基礎の基礎を学べます。

流石に初心者が1日で理解するのは難しいと思いますが、毎日少しずつ勉強していけば短期間で理解可能な内容です。

変数からオブジェクトまでプログラミングの基礎がしっかりと学べるので初心者には特にオススメ。

【初心者向け】Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

序盤はPythonの基礎、中盤以降はトランプゲームで構成されています。
トランプゲームはややボリュームが大きいプログラムなのでまずは、1章でPythonの基礎をしっかり学習しましょう。

プログラミングの基礎の内容はやや物足りないと感じるので他の基礎本とセットで読むのがオススメです。

【初心者向け】Python Django超入門

PythonのWeb開発ライブラリ「Django」の基礎について学べる本です。
これ一冊でPythonの基礎からWeb開発の方法まで広く学べます。

中盤以降から内容が難しくなってくるので前半を繰り返し読んでじっくりと実践していきましょう。

プログラミングの基礎の部分は物足りないので他の本とセットで買うのがオススメです。

Python参考書の内容が理解できない場合の対処方法

Python参考書を読んでいると理解できていないことが出てくると思います。
理解できない点が出たら一旦読むのをやめましょう。

そのまま読み進めても理解は進みません。

理解できない時の改善方法としては以下があります。

・とりあえずプログラムを書いて動かしてみる
・ググる
・飛ばす

とりあえずプログラムを書いて動かしてみる

これが最も有効な方法です。
読んだだけでは全然理解できないことであっても動かしてみたらあっさり理解できたということはよくあります。

そして動かしてみると読んだだけでは気づかなかったことが次々と出てきます。
読んだだけでは知識が増えるだけでスキルは増えません。

参考書を読んだら必ずプログラムを書いて動かしましょう。

ググる

「わからないところはググる」
がプログラミングの基本です。

まずは動かしてみて「動かない or 動かしてもなおわからない」ようであればググって調べましょう。
最初のうちは「どうググったらいいか」というところから始まりますが、何度も検索して行けばコツがわかってきます。

エンジニアになったら毎日ググりまくる必要があるので、勉強のうちからググり慣れておきましょう。

飛ばす

最初のうちはググってもなかなか情報にたどり着けないことも多いと思います。
わかるまでググるということは大切ではあるんですが、一つの疑問をググるのに何時間もかけるのは流石に時間の無駄です。

一度読んだだけで全てを理解する必要はありません。(というか無理です。)
わからないところがあっても一旦飛ばし、何度も読み返して徐々に理解を深めていきましょう。

ただし、何度読んでも増えるのは知識だけなので読んだら必ず実践しましょう。
参考書の理解より実践を優先してください。

終わりに

プログラミングの勉強において参考書選びは大事です。
難しい本を選んでしまうと挫折する可能性が高くなってしまいます。

まずは今回紹介したような簡単な本を買ってじっくり実践するのがオススメです。

参考書選びも大事ですが、一番大事なことはプログラムを実際に書いて動かすことです。

どんな参考書でも読むだけではほとんどスキルが向上しません。
参考書を読んだら必ずプログラムを書いて動かすようにしましょう。