本記事では、PyCharmの設定の変更方法とオススメ設定について紹介します。

PyCharmはデフォルトの設定でも使いやすいエディタですが、自分の仕事のスタイルやコーディングルールに沿った設定に変更することでより効率的な作業ができます。
使いにくいと思った点があれば設定を変更してカスタマイズをしていきましょう。

PyCharmの設定変更方法

設定を開く方法はWindowsとMacで異なります。

◆Windowsの場合
メニューの「file」から「settings」を選択します。

◆Macの場合
設定を開く(Mac)
メニュー中の「PyCharm」から「preference」をクリックします。
またはショートカットキー「⌘ + ,」で開くことができます。

コーディング作業効率化のためのPyCharmのオススメ設定

PyCharmのオススメ設定について紹介します。

具体的には以下の3点です。

・タブやインデントの設定
・ショートカットキーの設定
・ファイルタイプの設定

タブやインデントの設定

インデントやタブの長さなどの設定も指定可能です。
リフォーマットを実行すれば設定した内容を基準に整形されます。

職場のコーディング規則に則った内容にしておくことでコーディング作業がかなり楽になります。

Code Styleを選択
1.設定を開き「Editor」、「Code Style」の順にクリックします
2.変更したい言語を選択してクリックします
3.「Tabs and Indents」をクリックします

以下の4つをコーディングルールに合わせて変えておきましょう。

・Tab Size:タブの長さ
・Indent:インデントの長さ
・continuation indent:折り返した時の2行目のインデントの長さ
・Use tab character:チェックを入れるとインデントがタブになる(デフォルトはスペース)

4.設定を変更したらOKをクリックします

以上で設定は完了です。

ショートカットキーの設定

PyCharm上でのショートカットキーの確認と設定変更ができます。
よく使う操作はこちらに登録しておきましょう。

既にショートカットキーが割り当てられているものについても変更可能です。
使いにくいと感じるショートカットがある場合は変更しましょう。

ショートカットキーの変更方法は以下の通り。
Keymap
1.設定を開き、Keymapをクリックします
2.変更したい項目を選んで「add Keyboard Shortcut」をクリックします
3.ショートカットを入力します
4.OKをクリックします

以上のショートカットの設定は完了です。

ファイルタイプの設定

拡張子のファイルタイプ(どのプログラミング言語として記述するか)を設定できます。
ファイルタイプを指定することでエラーの自動検知やリフォーマットなどの際に役立ちます。
File Typesの設定
1.設定を開き「Editor」、「File Types」の順にクリックします
2.拡張子を追加したい言語をクリックします
3.「+」マークをクリックします
4.拡張子名を入力して「OK」をクリックします

以上で設定は完了です。

まとめ:スタイルやコーディングルールに沿ってPyCharm設定を変更しよう

PyCharmはデフォルトの設定でも十分使いやすいですが、コーディングの作業を効率化したい場合は設定を変更するのがオススメです。

今回は以下の3つのオススメ設定方法を紹介しました。

・タブやインデントの設定
・ショートカットキーの設定
・ファイルタイプの設定

上記設定を随時見直しながら改善することでコーディングの効率はかなり上がると思います。
使いにくいと感じたら設定を見直して改善できる項目がないか見直すようにしましょう。

PyCharmまとめTOP>>PyCharmの使い方まとめ