「ITエンジニアとしてキャリアアップしていきたいけど、どの転職サイトを使ったらいいかわからない。おすすめの転職サイトはないの?」

という疑問に答えます。

こんにちは、みやびのです。
転職エージェントを活用してベンチャー企業への転職し、大幅なスキルアップに成功した経験があります。

本記事の内容は以下の通り。

・ITエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント3選
・ITエンジニアの転職で考えるべきこと
・ITエンジニアで生き残るには

私の転職経験を踏まえつつ、ITエンジニアはどのように転職してキャリアを積んでいくべきかについても説明します

ITエンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント3選

実務経験者なら圧倒的におすすめなのがレバテックキャリアです。IT・Web専門の転職エージェントなのでキャリアを最大限に考慮してくれます。私もレバテックキャリアで転職が決まりました。

転職サイトに掲載されている企業はどのサイトもあまり変わり映えしません。なので転職サイトの大手に2~3に登録しておけばOKです。

転職エージェントは転職サイトにない隠れた案件があるので1つは登録しておきましょう。

レバテックキャリア:IT業界特化の転職エージェント。他の転職サイトでは紹介していない優良企業もたくさんあります。実務経験者には特におすすめ。
リクルートキャリア:ご存じ最大級の転職サイトの一つです。企業の数が非常に多い。とりあえず登録しておきましょう。
doda:こちらも転職サイトの大手です。案件数が多くIT関係の企業も多く取り扱っています。

ITエンジニアの転職で考えるべきこと

イメージする
ITエンジニアの転職で考えるべきことは以下の3つです。

・転職の目的を一つに絞る
・職務経歴書をがっつり書く
・転職での収入アップよりも3年後の収入アップを考える

転職の目的を一つに絞る

「転職で収入アップもしたいしスキルアップもしたいし残業も減らしたい」
などといろいろな転職の目的を考えてしまうかもしれませんが、全部を実現するのは無理です。

全部を取ろうと思うと全部中途半端になります。

なので「これだけは絶対に実現したい」という転職の目的を1つ決めましょう。

私も「残業を減らす」、「収入を増やす」、「スキルアップする」などいろいろな希望はありましたが、最終的に「スキルアップする」を絶対に達成する目的としました。

職務経歴書をがっつり書く

転職は職務経歴書が9割」というのが私の持論です。

職務経歴書をしっかり書いておけば面接の時の受け答えもスムーズになりますし、自分の足りない点や目指す方向が明確になります。

何より企業の書類選考に通りやすくなるので全身全霊をかけて書くことが大事です。
職務経歴書だけは絶対に手を抜いてはいけません。

もちろん自分を等身大よりよく見せるのはダメですが、謙遜する必要もないです。書ける実績は資格でも経験でも全て書き出しましょう。

意外なことが役立つ場合もあります。
私もQA(品質保証)の経験は実績としてあまり重視していませんでしたが、転職の決め手になりました。

「これは役に立たないんじゃないか」
とか考えずに書ける実績は全て書きましょう。

転職での収入アップよりも3年後の収入アップを考える

転職した瞬間急激に年収アップできるかというと、もちろん無理です。

転職では自分の実力以上の収入は得られません。なので「前職でめちゃくちゃ低い給料をもらっていた」とかでなければ収入アップはないです。

収入アップには実力を上げるしかありません。なので収入アップを転職の目的として掲げる場合は特にですが、「3年後に最大の収入アップするためには何が必要か?」ということを常に考えるようにしましょう。

ITエンジニアで生き残るには


ITエンジニアが人材不足と言っても能力のない人間が座る椅子はありません。生き残るためにはスキルアップと戦略が必要です。

プログラミングスキルだけでは生き残れない

プログラミングスキルだけで生き残ろうとすると相当な努力が必要です。
最先端の技術を学び続け、効率的なコードを追求し続けなければなりません。

これは常人にはなかなか厳しいものがあります。

なのでプログラミングスキルだけではなく、「営業」、「マネジメント」、「マーケティング」、「コンサルティング」など別の柱を作ることが大事です。

特に「営業のできるITエンジニア」は非常に強いので営業はできれば学んでおきましょう。

もちろんプログラミングスキルの勉強も続けるべきですが、それだけだと才能のある人には勝てません。

「どんなITエンジニアになれば自分は生き残れるか?」ということを時間をかけて考えるようにしましょう。

ITエンジニアの35歳定年説は真実か?

ITエンジニアの35歳定年説はある意味では正しいと思います。

無論、35歳になった瞬間にITエンジニア職を外されることはありません。40代でも50代でも現役ITエンジニアとして頑張っている人はたくさんいます。

が、やはり体力と精神力は確実に衰えるので、20代と同等の仕事をしようと思うとなかなか難しいです。

ITエンジニアにとって35歳という年齢は、「20代と同じ働き方は限界なので、年齢に合った新しい働き方を考える時期」です。

一度足を止めて自分の働き方を考え直してみましょう。

キャリアプランを立てよう

ITエンジニアにとってキャリアを考えることは非常に大事です。ぼんやりでいいので10年くらい先まで考えましょう。

・今の会社に後何年いるのか
・いずれ独立するのか
・会社員としてずっとやっていくのか

などは決めておいた方がよいですね。
転職はゴールではなく新しいスタートラインです。

なので転職した後どう考えるか大事。
転職に満足せずに更なる高みを目指しましょう。

終わりに:ITエンジニアは積極的に転職すべし

1つの現場で得られるスキルや経験は多くありません。しかし、現場の異動があるかは完全に会社の都合です。一応異動願いは出せますが、聞き入れてもらえるかはわかりませんし、時間もかかります。

なので今の現場でこれ以上スキルが上がらないと感じたら積極的に転職することが大事。
いつまでも同じ現場にしがみついているとろくに能力が上がらないまま30代・40代を迎えます。

30代になると転職の難易度が上がりますし、40代になるとリストラのリスクもあります。

日本は転職=リスクが高いと考える人が多いですが、転職しない方がはるかにリスクが高いです。そして転職しないリスクに気づいたときには30代・40代となっているので打てる手も大幅に減ります。

20代のうちから積極的に転職して様々な現場でスキルと経験を積んでいきましょう。

今すぐ転職する必要はないと考えているかもしれません。
しかし、転職をしようと思った時には「年齢のせいで転職できる全然案件がない」という可能性はあります。早めに転職登録しておくに越したことはないです。

以下の転職サイトは無料で相談や活用できますし、自分のキャリアを見直すいい機会なので是非登録してみてください。

レバテックキャリア:IT業界特化の転職エージェント。他の転職サイトでは紹介していない優良企業もたくさんあります。実務経験者には特におすすめ。
リクルートキャリア:ご存じ最大級の転職サイトの一つです。企業の数が非常に多い。とりあえず登録しておきましょう。
doda:こちらも転職サイトの大手です。案件数が多くIT関係の企業も多く取り扱っています。