こんにちは、みやびのです。
基本情報処理技術者(FE)に10回以上落ちています(笑)。

もう何回受けたか忘れましたが20代のうちに無事合格しました。

今回は、そんな私が基本情報処理技術者(FE)に落ちる人の特徴と改善方法について紹介します。

基本情報処理技術者は基本的に真剣に勉強すれば誰でも合格できるレベルの試験です。
私のように何回も落ちるのはやる気がないか勉強が足りていないだけですね。

資格がいらないなら別に良いですが、合格したいという方は普段の自分を見直しつつ改善しましょう。

基本情報処理技術者(FE)に落ちる人の特徴と改善方法

不合格
基本情報処理技術者に落ちる人は以下のような特徴があります。

・やる気がない
・試験までモチベーションを維持できない
・勉強が足りない
・勉強のやり方が間違っている
・毎回同じプログラミング言語で受験している

普段の自分の習慣を見直して当てはまるものがあったら改善しましょう。

やる気がない

情報処理試験を受験する人ってやる気のない人が結構います。
会社や学校に受験を強制されているからです。パワハラじゃねーか

昔の私の会社もそうだったんですが、IT系の会社は社員に情報処理資格を半強制的に受験させます。

強制されると人間ってやる気が出ません。
お金も時間も使うので特に資格が欲しい訳でなければ会社の指示でも受験しない方がいいですね。(許されるならですが)

試験までモチベーションを維持できない

基本情報処理試験はかなり分野が広い上に午前・午後と2つの試験があるので勉強は3ヶ月くらいは必要です。
勉強のモチベーションが維持できずに挫折する人は多いと思います。私も何度挫折したことか・・・。

しかも仕事で疲れて帰ってきたのに自由な時間を削ってまで勉強しないといけません。
時間がない人は休み時間などの隙間時間を活用して勉強する必要があります。

勉強が足りない

言うまでもなく勉強が足りていなければ試験に落ちます。
もし午前問題すら合格できないなら勉強が全然足りていません。

過去問題集を解きまくってまずは午前問題の合格を目指しましょう。

午前問題の勉強方法については「基本情報処理技術者(FE)の午前問題で70点以上を取るための勉強方法」をお読みだくさい。

午後問題は午前問題の応用が中心ですが、やはり解き方を学んでおかないと合格は難しいです。
午前問題の勉強が終わったら午後問題の勉強もしっかりと行いましょう。

午後問題の勉強方法については「基本情報処理技術者(FE)の午後問題で70点以上を取るための勉強方法」をお読みだくさい。

勉強のやり方が間違っている

「勉強はたくさんやっているはずなのに全然合格しない」
という方は勉強方法を見直しましょう。

基本的に過去問題集を中心にして勉強をしておけばOKですが、アルゴリズムやプログラミングは実際にプログラムを動かしたりトレースの練習をしたりしないと合格が難しいです。
ここに気づくのに私は結構時間かかってしまい落ち続けました。

アルゴリズムやプログラミングは午後問題の合格のためにはほぼ必須なので必ずプログラムを動かしておきましょう。

アルゴリズムとプログラミングの対策についてはこちらにまとめています。
アルゴリズムの勉強方法〜基本情報処理技術者試験対策〜
プログラミング選択問題(FE午後問題)勉強のポイント

毎回同じプログラミング言語で受験している

選択しているプログラミング言語で十分に得点が取れているならOKです。
しかし、毎回得点が取れないのに同じ言語を選び続けているのはなら問題があります。

かつての私も思考停止してC言語を選び続けていました。
そして落ち続けました。

試しに表計算に変えたら一発で合格しました(笑)。

もちろん合格できた理由はそれだけではないですが、言語によって難易度が全然違います。
全ての言語を解いてみて最も伸びそうなものを選びましょう。

基本情報処理技術者に合格するための改善方法

PDCA

基本情報処理技術者に合格のための改善方法は以下の通り。
・資格を取る目的を明確にする
・勉強する癖をつける
・勉強のやり方を見直す
・プログラミング言語は得点できそうなものを選ぶ

資格を取る目的を明確にする

資格を取る目的を明確にしましょう。
目的を決めておけばモチベーションを保ちやすいです。

逆に目的がないとだらだらと勉強してしまい合格が難しくなります。

・自分の実力をチェック
・就職したい企業ではあった方が有利

など何でもいいので目的を決めましょう。

目的が思い浮かばないなら取らないのもありです。

ぶっちゃけて言うと情報処理系の資格ってほとんど役に立ちません。
就職・転職に多少有利だったり会社から少額の報奨金を貰える程度です。

報奨金も努力に見合ったものかというと勉強時間を考えると正直微妙。
就職や転職で多少有利と言っても年相応の実績や経験があれば誤差レベルなので全く問題ありません。

という訳で目的がないなら時間とお金の無駄なので受験はやめておきましょう。
仕事に役立つ知識が多いので勉強はやっておくのがおすすめです。

「でも会社に受けろって言われているんです」

という方は
「取れば会社にあれこれ言われなくなる」
ということを目的にしてさっさと取ってしまった方がいいですね。

基本情報処理技術者は全力で勉強すれば誰でも取れます。

あるいはあれこれ言わない会社に転職しましょう。

勉強する癖をつける

基本城処理技術者は3ヶ月くらいの勉強は必要です。
1日2日勉強してもよほどの天才でない限り合格は難しいと思います。

よって継続的に勉強できるように1日10分でいいので勉強する癖をつけておきましょう。

勉強のやり方を改善

・過去問を中心に勉強して足りない部分は参考書やネット記事を活用する
・アルゴリズムやプログラミング言語はプログラムを実際に書きいて動かしてみる
の2つを実践していればいずれは合格できると思います。

が、得点が伸び悩んでいるなら勉強のやり方を改善しましょう。
改善の例は以下の通り。

・過去問題を解いて「勉強すれば伸びそうな分野」と「勉強しても得点が伸びなそうな分野を切り分け」
・「勉強すれば伸びそうな分野」を優先的に勉強する
・「勉強しても得点が伸びなそうな分野」についてはなぜ伸びないのかを考え、勉強のやり方を改善

プログラミング言語は得点できそうなものを選ぶ

プログラミングの選択問題は全部解いておきましょう。
そして一番伸びそうな言語を集中的に勉強するのがおすすめです。

使ったことがない言語でも結構あっさり解ける場合もあります。

「仕事で使っているから」
など安易な理由で決めずに他の言語の問題も見ておきましょう。

終わりに

基本情報処理技術者に落ちる人は以下のような特徴があります。

・やる気がない
・試験までモチベーションを維持できない
・勉強が足りない
・勉強のやり方が間違っている
・毎回同じプログラミング言語で受験している

自分の習慣を見直しつつ改善しましょう。

基本情報処理技術者はしっかりと勉強すれば誰でも合格できるレベルの試験です。
私のように何度も落ちてしまう人は単純に勉強の量が足りないか勉強のやり方が間違っているだけなので諦めずに改善しつつ勉強を続けましょう。

基本情報処理技術者試験対策まとめ>>基本情報処理技術者(FE)の対策まとめ