『残業しないチームと残業だらけチームの習慣』は、残業するチームと残業しないチームを対比する形で書かれている本です。

主に「残業がなくす為の意識の持ち方」、「残業をなくす為の方法」について書かれています。
誰しも残業を減らしたいと考えていると思います。(好きで残業している方もいると思いますが。)

しかし、残業を具体的にどうすれば減らすことができるのか悩むことが多いと思います。
こちらの本はそれを解決する為の一冊です。

残業しないチームと残業だらけチームの習慣の良い点

・幅広い切り口がある為一つ以上は当てはまる
・残業削減だけではなく作業改善にも活用できる
・気づきにくい残業に繋がる行動を見つけることができる

残業しないチームと残業だらけチームの習慣の気になる点

チームリーダー向けの本である為解決策もリーダー目線です。会議の時間を決めるなどメンバーの権限ではどうにもならない解決策も多いのです。リーダー以外の方が実践する場合は自分だけで実践できるものから始めたりチーム全員で回し読みするなどが必要です。

この本の活用に仕方

残業に繋がる行動を見つけ残業の原因を特定する

残業に繋がる行動は普段何気なくやっている効率の悪い作業や無駄な作業の積み重ねですが、何気なくやっている作業は問題点に気づきにくいです。

普段の仕事に潜む様々な行動を見直してこの本に記載している内容と照らし合わせてみましょう。
残業の原因が見えてきます。

幅広い切り口から自分の現場にあった方法を選ぼう

こちらの本では幅広い切り口でノウハウが書かれているのでどれか一つはあなたの現場にも当てはまるものがあると思います。

全てをやるのではなく使えるものや当てはまるものを見つけて始めてみましょう。一つだけでも実践してみることが大切です。

まとめ:長時間残業=偉いという時代は終わりを告げた

かつては長く働くことが偉いとされていました。残業をすると褒められ、早く帰ると咎められていました。
しかし、近年は逆であり、長く働く=仕事ができない人間と見られます。

残業するとコストが発生するので会社にとって長く働かれることはプラスとはなりません。

労働者側は残業代が貰えるので得のように感じるかもしれませんが、お金の代わりに自由な時間を失います。
また、前述の通り残業の多い人間は仕事のできない人間と見られるので将来の給与UPは期待できません。作業を効率化して改善もしないので成長を止めます。

時間は有限です。残業代によって得られる小さな利益よりも、残業した時間によって失われる損失の方が大きいです。
働く時間を見直し作業改善をして残業時間を減らしていきましょう。

チームリーダー向けの本ですが、チームメンバーでも役立つ情報が多いです。
残業をしている方はもちろん日々の作業を見直すのにも役立ちます。

「無駄な作業をしているな」と感じている方は是非読んでみてください。